自分だけのパワースポット

今日は朝から雨で急に冷え込みましたね~。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この雨の中対面鑑定にいらしたお客様より、「自分がいったほうがいい場所」というご質問がありました。
占星術は年ごとの吉方位という考え方はないのですが(私が知る限りですが)、
アストロ・マップといって、自分だけのパワースポットを出す方法があります。
ただ、弱点は正確な出生時間がわからないとできないこと!(場所が大幅にずれてしまうため)

でも、もし時間がわかるようでしたら調べてみると面白いです。
私の場合日本だと広島、あとは超パワースポットといえるのが、ミャンマー

 

だがしかし。
さすがに、ちょっとそこまで観光に、という感じではない…。

と、そんな土地がピックアップされる場合もありますが。
眺めているとなかなか面白いのです。

ヨーロッパだと、フランスや英国は パートナーを見つけることが一番大きなテーマらしいです。

うぬぬ…!もっと早く知っていれば無理してでも行ったのに…!!!

イケメンのパートナーを作るチャンスがワンチャンあったかもしれん!!!

まあ、語学の壁があるから現実的には難しいだろーな。。

 

…などと夢を見たりすることもできます(笑)


エジプトなんかは、 自分の家庭を持ち、家を建てるのにも適しているらしいのですが。

え、エジプトか…そこに家は建てるのはちょっと…。

インドなんかも財運アップしそうなんだが…。
インド…か。

インドもエジプトも観光はしたいけどね!!

と、こんな風にざっくり読んでいくのですが。
自分が好きな国が必ずしもスポットじゃなかったりはしますが、なかなか面白いのですよ。

ご希望の方は鑑定時にお知らせください。(出生時間がわかる方のみですが。ゴメンナサイ)

逆行は見せかけだよー!

f:id:infostargarden:20200229095012j:image

 

ちょっと奥様、聞きました?

コロナウイルス騒ぎで、トイレットペーパーがなくなるかもしれないんですって!

 

ってことで昨日は大騒ぎの一日だったそうですが。近所のスーパー、夕方にはこんなんだったらしいです。びっくりですよね。

 

さすがうお座の水星逆行中。

魚座の豊かなイマジネーションが想像力通り越して、妄想になっちゃってますね~。

天体の逆行自体は珍しくないし、水星の逆行も年に何回かあるのでことさら大騒ぎすることではないのですが、タイミングがタイミングだったのでちょっと書いてみました。

 

逆行とは簡単に言うと、天体が後ろに戻っているように見える現象のことですね。

例えば、電車のすれ違いが一番イメージしやすいかなと思うのですが。

同じ駅を出発しても速度が違うと一瞬すれ違う時に電車が後ろに戻っているようにみえますよね?あんな感じです。

でもタイトル通り、この現象はあくまで「見せかけ」ですので。実際に天体が戻っているわけではありません。

自分の目から見て「そう見えている」だけなので、だからこそ、逆行とは「思い込み」だったり「幻想」だったりすることがあるのです。あるいは勝手に「苦手」意識を持ったり、怖がってしまったりということもあるかもしれません。

だから、必要以上に不安になったり怖がったりせず、「きちんと向き合うこと」がとっても大事!

この逆行は来月の3月9日まで続きますので、ちょっと注意してみてくださいね。

 

 

いやほんと。

新型コロナがお湯で治るとかもう、明らかにネタとしか思えない情報までまことしやかに拡散されてますからね。

そんなんで治ったら医者いらんだろ!!!

だったら、みんなで一斉に温泉でも飲んだらなおるんじゃね?って話ですよ。

しかも医者の息子?でしたっけ?からの情報です、とか、看護師からの情報ですとか…。

一生懸命現場で戦ってらっしゃる方にほんと失礼!!!

 

とはいえこのご時世、何がほんとかどうかわからないわ~って迷ってしまう方。

私もそうですが、まずはいろいろな情報を比較することが大事かなと思っています。

 

そもそもそんな画期的?な情報が真実だったら、ツイッターやラインで出回る前に政府とか、そーゆー公共機関が発表するんじゃね?

 

ぶっちゃけ私個人は、ツイッター等の「●●がなくなる!」とか「●●だけで治る!」系の極端すぎる情報は眉唾がほとんどだと思ってるので、すぐには飛びつかないようにしています。

 

なんどもいうけど、そんな画期的?な情報が真実だったら、ツイッターやラインで出回る前にもっと別口で目に入るはずですよ。

あるいは、後からSNS以外でもちゃんと公表されるはず。

 

もしかしたら出回ってる情報の中には真実もあるかもしれないけれど、クローズドな世界だけでしか出回っていない情報は注意ですよね。

その世界でしか通用しない情報とか常識だったりしますから。

 

SNSの発達で情報がすぐとれる時代になりましたが、こういった時に、取捨選択能力がより要求されますよね。

お互い、賢くSNSは使いましょうね~。

 

タロットの質問の仕方

先日知り合いのA君からこんな質問が飛んできました。
「今度の商談がうまくいくか。というお題でカードをひいたら、カップの4がリバースででました。どう読みますか?」というものです。

えっとー、その前にちょっといいですか。
「うまくいくか、いかないか」という「Yes or NO」の質問ってタロットのうまい使い方ではないかなあと個人的には思ってるんだけど。
なぜかというと、端的に。

NOという答えだったらどうするんじゃい !!

と思うからです。
皆さんもタロットひくときには気を付けてくださいね。

いや、もちろん、やっちゃだめってわけじゃないんですけど。
このクローズドな質問は、結構伝え方に高度な技術がいるので、習いたての人がやるとかなりの高確率で自分の首をしめます
(結婚できますか?ってクライアントさんに聞かれて、NO!ってカードがでたらどうフォローするんですかって話ね。フォローまでばっちり自信がある人はこういうクローズドな質問もアリだと思います)

とはいえ、せっかく出たカードですから絶対意味があるはずです。
ちなみに「カップの4」とはこのカードのことです。これがリバースで出ていると。ふむふむ…。

f:id:infostargarden:20200224174633j:plain

カップの4
私はまずA君に「君、この商談やる気ある?」って言いました。

カップのカードというのは「思い・感情」を表します。
そして「4」という数字は「安定・所属」などを意味しますが、水(カップ)のエレメントだと今までのもの(所属)を捨てて成長するために次に移っていく意味合いが強くなるんですよね。
でね。
カップの4は一言でいうと「マンネリ感」なんですよ。
正位置だとその違和感を感じて自分の気持ちの整理ができるんですが、逆にでているので、どっちかっていうと不満要素のほうが強い。

うまくいくか行かないか、といったらこのままだと多分うまくいかない。
なぜなら「君が商談に乗り気でないから」と伝えました。

A君ですか?

_:(´ཀ`」∠):_

…ってなってましたよ(笑)
月の話を以前こちらに書いたことがありますが、やっぱり「思い」がない仕事ってどんな仕事もうまくいかないと思うんですよね。

タロットはこんな形で気持ちをずばり表してくるのであなどれないし、おもしろいのです。

下弦の月のサイクルなので

待ちに待った三連休!

朝から断捨離に勤しんでおりました。

私は結構洋服はバンバン捨てるのでけど、本がね。。。だって、特に占星術関係の本てあっという間に廃盤になっちゃうものが多いんですもの。うっかり古本屋に出しちゃうとちょっと読みたいなと思った時にもうかえなくなっちゃったりするので、なかなか捨てられないです。

でも、思い切って使わなくなったオラクルカードやタロットは買取に出すことにしました。結構あるのでメル●リではなくで専門店さんです。

値段は別にいくらでもいいので、買取の連絡が来たらすぐ売ってしまうつもりです。

おかげさまで、少しスペースがあいたんですけれども、結局欲しい本はこれからやってくるので、結局スペースはあまり開かなかった(笑)

心理占星術とは

改めて心理占星術についてちょっと語っておこうかなと。

 

さて、占星術といっても世の中にはたくさんの種類があります。
西洋占星術・インド占星術・東洋占星術…。
私が使っているのは西洋占星術の中でも「心理占星術」といわれるものです。

普通の西洋占星術と何が違うの?といわれると、説明が難しいけれど。
私が心理占星術をいいな!と思ったきっかけを説明代わりに書いてみようと思います。

一言でいうと、心理占星術は個人に焦点をあてたものというのが一つ上げられるのではないかな、と思います。
もともと占星術の歴史をたどると、どこの国でもそうですが、最初は個人に使うものではなく国家的なことを占うために使われていました。
今のようにパーソナルなことを占うようになるのはずっとあとなのです。

ですから、昔は占いに使う天体にも吉凶がありましたし、天体同士の関係性(アスペクト)やハウス(天体が滞在している部屋)にも吉凶を与えていたのです。
そもそも政治的なことに使っていたのですから、吉凶を与えるのは当然で、そうでないと占った意味がありませんよね。
「今度の戦争は勝つか」と聞いているのに「努力しだいで勝つかも?」では意味がないでしょう?

そんなんだったら誰でもいえるわって話です(笑)

 

ですが、占星術がよりパーソナルなものとなっていくにつれて、単純に吉凶で割り切るのはナンセンスではないか、と私は思うのですよ。
時代が変われば人の考え方も変わります。
たとえばちょっと専門的な話になりますが、木星は最大の吉星と考えられているわけですが、仮に何でもかんでも拡大・発展することがいいことだけとは限りませんよね?
個人でもそうでしょう。手を広げるだけ広げて結局形にできなければ大ぶろしきを広げただけで終わってしまいます。
けれど、昔は時代もあって個人が手を広げられる範囲というのは限られていました。絶対的な身分制度のもとでいかに自分の家や商売を発展させていくか、制限の中でも発展というものではなかったのではないか、と個人的には思います。
ですから、木星=発展でよかったのです。
もう一つ、吉と呼ばれるアスペクトにトラインというものがありますが、これも安定・調和といった意味がありよいものとされていました。
これも昔は今のように個人が好きな仕事をしたり簡単によそに行けない時代でしたから、例えば商家なら代々の家が安定して発展するというのはとてもありがたいことだったわけです。

そう考えてくると昔の解釈は合理的だったといえますよね。

しかし、今は違います。

もちろん限界はありますが、少なくとも今の日本では個人の自由がかなり許されている時代になりました。
そうなってくると、安定が必ずしもいいことなのか?という疑問が出てきます。

むしろ、安定はかえってその人の成長の機会を妨げることにならないだろうか?という疑問が生まれてきます。

 

心理占星術は古来「凶」といわれていたポイントを「成長の機会」ととらえます。
これは心理占星術の大家ノエル・ティル先生の言葉ですが、占星術コンサルテーションの目的は「潜在能力発揮の障害になりうる要素を見つけること」だとおっしゃっています。
そして、もう一つ「星は何もしない、動くのは人なんだ」ということもおっしゃっています。

これは心理占星術の肝といえる言葉ではないでしょうか。

私たち占星家の役割は、個人の気づいてない能力を伝えること、そしてそれを使って頂けるようにお手伝いすることだと私は考えています。

 

逆に個人の力を十分に発揮できていれば、仮にどんな時代になってもその人は生きていけるのではないでしょうか?

土から風の時代になろうと、トリプルコンジャンクションが起ころうと。


それは単なる「できごと」にすぎません。


その「できごと」にどういった意味を与えるのかが大事ではないでしょうか。

厳しい出来事をチャンスととらえるか、星のせいにして逃げてしまうか。
それはあなたが決めることです。


もう一度書いておきますね。

星は何もしない、動くのは人ですよ。

 

 

 

 

 

だから、星の悪口をいうな、といいたいです。

びっくり

新型コロナウイルス騒ぎで、本当にマスクが店頭から消えてますね。

私も念のため補充しようと思ったら、どこにも見当たらず、かろうじて職場のそばで一箱買うことができました。

人混みに行くときはマスクをするようにしていますが、手洗いうがいが1番の予防らしいですね。

後はこの時期プラナロムのオレガノカプセルは欠かせません。

ちょっと疲れたな、風邪気味かな?となったらすぐに飲んで早めに休みます。

アロマの勉強をしている時、先生にオススメされて買うようになりましたが、本当に良いです。

ただ、値段がねー。ちとお高い。

今度直輸入にチャレンジしようと思う今日この頃。

 

 

 

水瓶座の新月

ですね。ラインの方で月相に合わせたライフプランのミニメッセージをお届けしているのですが、なーんと!

予約したはずなのにメッセージが消えており、配信されていなかったことに気付きました😭😭

遅ればせながら、配信しましたが、かなり先まで予約してたのになぜー??

スマホからだとちゃんと予約できてたのに。。パソコンからだとダメなのかしら?

 

ちなみに今日は占星術のお友達とランチです。同好の士で集まるというのは水瓶座っぽいですね。